FC2ブログ

記事一覧

コロナ禍の大晦日

コロナ禍の2020年。いろいろありましたが、あっという間にもう大晦日です。混雑を避けて、一足早く明治神宮にお参り(初詣?)に行きましたが、例年たくさんいる海外の方の姿がなく、空いていました。今年最後、今年177回目のブログです。面倒くさいなぁ~と思うこともしばしばありましたが、何とか一年間続けることができました。飽きずにご覧いただき、ありがとうございます!新しい年が皆様にとって良い年になりますよう...

続きを読む

いざ下諏訪へ!甲州街道四十四次(上高井戸~国領)

お昼前に雨が上がったので、電車に乗って京王線八幡山駅に出て、約1か月半ぶりに甲州街道を歩いてきました。八幡山駅から少し北にある甲州街道(国道20号線)に出て、そこから歩き始め、仙川を渡って世田谷区から調布市に入り、布田五宿の一つである国領宿(東京都調布市国領)まで、約6.0km歩き、国領駅から電車に乗って帰ってきました。ほとんど、たくさんの車が行き交う国道20号線沿いでしたが、途中少しだけ、国道を外れ...

続きを読む

ビロードキンクロと頬白鴨(ホオジロガモ)の共演

今日も穏やかに晴れましたが、明日から寒波が来るということで少し心配です。今日は、2週間前に天鵞絨金黒(ビロードキンクロ)を探しに行ったけど、見ることができなかったところに、再チャレンジに行ってきました。(このときはさらに珍しい氷鴨(コオリガモ)に出会えて大満足でしたが。)最寄駅から海沿いに出て、天鵞絨金黒(ビロードキンクロ)を探しながら、海沿いの遊歩道をしばらく歩きましたが、なかなか見つからず・・...

続きを読む

多摩川沿いを一つ下流の堰まで行ってきました

今日もすっきり晴れて澄んだ青空が広がりました。朝から用事を済ませた後、多摩川沿いを自転車で一つ下流の堰まで行ってきました。近くの堰には、少し前から葦鴨(ヨシガモ)がいますが、いつ行っても堰堤の上でお休みしていて、なかなか顔を見ることができません。まだ旅の疲れが取れませんか~一つ下流の堰には、最近、隼(ハヤブサ)がよく姿を見せるようで、大きなレンズのカメラを構えたバードウォッチャーさんの姿がありまし...

続きを読む

口笛のような鷽(ウソ)の鳴き声

今日も青空が広がって冬晴れの一日となりました。頑張って早起きして電車とバスを乗り継いで、宮ヶ瀬湖の林道へ、バードウォッチングに行ってきました。しかし、鳥影は薄く、お昼ご飯まではほとんど出会いはありませんでした。少し不安になりながら、さらに奥に向かってしばらく歩いていくと、木の上から「フィー♪フィー♪」という擦(カス)れた口笛のような鷽(ウソ)の鳴き声が聞こえてきました。この林道でぜひ会いたかった鷽(...

続きを読む

とってもフレンドリーな縞味(シマアジ)@野川

今日は日差しにぬくもりが感じられる小春日和の一日でした。お休みをいただいて、大掃除をしたり、買い物に行ったりして過ごしました。駅前へ買い物に行ったついでに、少し足を延ばして、野川まで縞味(シマアジ)を探しに行ってきました。9月にはまだ地味な姿(エクリプス)だった縞味(シマアジ)ですが、3か月ぶりに会うと、すっかり男前になっていました。(9月の地味な姿(エクリプス)の縞味(シマアジ)はこちらをご覧く...

続きを読む

獲物を仕留めた隼(ハヤブサ)【閲覧注意】

この前の土曜日、氷鴨(コオリガモ)を見た海岸で、隼(ハヤブサ)の幼鳥を目撃しました。最初、上空を舞っていた隼(ハヤブサ)の幼鳥は、その後、少し離れたホテルのベランダに止まりました。そこから辺りをうかがっているようで動きがなかったので、しばらく他の鳥を観察した後、再びベランダに目を向けてみると、いつの間にか隼(ハヤブサ)の幼鳥の姿は消えていました。きっとどこかへ飛んで行ったのだろうと思いながら、護岸...

続きを読む

霜柱(シモバシラ)の氷の花

今日はよく晴れましたが、昨日と同様に風が冷たい真冬の寒さとなりました。午前中、神代植物公園へ行ってみると、植物の霜柱(シモバシラ)の枯れた茎の周りに白い氷の花が咲いていました。氷の花は、霜柱(シモバシラ)の根から吸い上げられた水分が、枯れた茎からしみ出し、冷たい外気に触れて凍っていくことで作られ、水が凍らなければいけないので、気温が氷点下にならないとできないそうです。道理で寒いわけですね。2週間前...

続きを読む

初めての出会い!氷鴨(コオリガモ)

今日は晴れの予報だったと思うのですが、あまり日が差さず、北風の冷たい真冬の寒さの一日となりました。ときどき行く葛西臨海公園から少し先の駅の近くの海岸で、すぐ近くで天鵞絨金黒(ビロードキンクロ)が見られるとの情報があったので、初めて行く所でしたが、頑張って早起きしていってみました。最寄りのバス停から少し歩いて海岸に着くと、海にカメラを向けるバードウォッチャーさんの姿がありました。きっと天鵞絨金黒(ビ...

続きを読む

久しぶりに行った八王子市内の都立公園

この前の金曜日、虎鶫(トラツグミ)を探しに行った八王子市内の都立公園で、瑠璃鶲(ルリビタキ)や赤啄木鳥(アカゲラ)など、虎鶫(トラツグミ)以外にも多くの鳥と出会うことができました。瑠璃鶲(ルリビタキ)は何羽かいるようで、中には、写真を撮っているとぐいぐい近づいてくるフレンドリーなものもいました。この公園は、数年前に初めて瑠璃鶲(ルリビタキ)を見て、バードウォッチングの魅力にはまるきっかけになった公...

続きを読む

復旧工事中の多摩森林科学園

今日は穏やかに晴れて澄んだ青空が広がりました。電車に乗って、高尾駅近くの多摩森林科学園へ行きましたが、昨年9月の台風19号の被害が残っていて、園内の大部分はまだ立入禁止となっていました。限られた範囲をぐるっとまわって、鵤(イカル)、四十雀(シジュウカラ)、柄長(エナガ)などの写真を撮ることができました。瑠璃鶲(ルリビタキ)の青い姿をちらっと見ましたが、警戒心が強く写真は撮ることができませんでした。...

続きを読む

薄曇りの午後の多摩川

今日は晴れたり曇ったりのはっきりしない天気でした。午後、少しだけ多摩川へ行ってみると、堰堤の下にたくさんの鴨(カモ)(緋鳥鴨(ヒドリガモ)・小鴨(コガモ))が集まって、流れに耐えながら、水に顔をつけて採食していました。(堰堤に生えた苔を食べているようです。)堰堤の下で魚を狙う鷺(サギ)は以前から見かけましたが、苔を食べる鴨(カモ)は去年まであまり見かけなかった光景です。鴨(カモ)が新たなご馳走を発...

続きを読む

2年ぶりの出会い!虎鶫(トラツグミ)

今日は午前中を中心に穏やかに晴れて、澄んだ青空が広がりました。お休みをいただいて、電車とバスに乗り継いで、八王子市内の都立公園へ行ってきました。久しぶりに行く公園でしたが、去年は出会えなかった虎鶫(トラツグミ)の目撃情報があったので、訪れてみました。園内で会った地元のバードウォッチャーさんに聞いてみると、数日前にはいたけど、今日は見ていないとのこと。少し不安になりながら、教えてもらった場所へ行って...

続きを読む

一週間でぐっと赤くなったいろは紅葉(イロハモミジ)@神代植物公園

お昼前から青空が広がりましたが、朝のうちは、なかなか雲が取れず肌寒い天気でした。午前中、近くの多摩川の堰堤に少し寄ってから、先週に続いて神代植物公園へ行きました。神代植物公園で、多摩川で良くお会いするバードウォッチャーの方と出会い、少し情報交換。冬鳥の到来は遅れているようで、近くにはまだ少ないようです。一週間前に来た時より、いろは紅葉(イロハモミジ)が、ぐっと赤くなって、多くの方が写真を撮っていま...

続きを読む

冷たい雨が降る多摩川

今日は霧雨が降ったり止んだりの肌寒い一日でした。午後、雨の止み間を狙って、少しだけ多摩川へ行きました。いつもの堰堤の上には、河鵜(カワウ)や鴨に交じって、一羽の背黒鷗(セグロガモメ)の姿がありました。毎年、冬になると一羽だけ背黒鷗(セグロガモメ)が来るので、きっと同じ個体なのだと思います。(1年前の姿は、こちらです。)顔や首が白一色ではなく褐色(灰色?)の羽が混ざっているので、幼鳥かと思っていまし...

続きを読む

巴鴨(トモエガモ)を探しに座間市の公園へ

今日は青空が広がりからっとした乾燥した一日となりました。今日もお休みをいただいて、最近話題になっている座間市の公園へ巴鴨(トモエガモ)を探しに行ってきました。随分前に来たことがある公園。ああだったかなぁ~こうだったかなぁ~など、懐かしく思い出しながら歩き、園内の池の近くに着くと、カメラを構えたバードウォッチャーさんの姿が。カメラの先を双眼鏡で覗いてみると、仲良くお休み中の巴鴨(トモエガモ)の群れが...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

検索フォーム

リンク