FC2ブログ

記事一覧

猛禽三昧@城山湖

今日は澄んだ青空が広がって秋晴れの一日となりました。今日はお休みをいただいて、鷹の渡りを見に、相模原市の城山湖(本沢ダム)へ行ってきました。電車とバスを乗り継いで、更にバス停から20分ほど歩いて、現地に着くと、すでに多くのバードウォッチャーさんが鷹が渡ってくる北の空を目がけて、カメラを構えていました。タイミング悪く、川崎市?の消防隊が、ヘリコプターを使った消火訓練(取水・放水)を行っていて、名前に...

続きを読む

雪化粧した富士山from多摩川

月曜日の午前中は、自宅にてテレワークをしました。日曜日のブログで、「今週は以上です」と書いたところですが、テレワーク前に散歩に行った多摩川で、思いがけず雪化粧した富士山を見ることができたので、アップしました。この日(9月28日)が初冠雪だそうで、NHKのニュースによると、「富士山で28日朝、初冠雪が観測されました。 富士山の初冠雪は、平年より2日早く、去年と比べて24日早い観測となりました。  富士山...

続きを読む

曇天模様の多摩川

昼過ぎから少し日が差しましたが、多摩川へ出かけた午前中はあいにくの曇り空でした。多摩川の近くの堰に先週いた5羽の小鴨(コガモ)は、烏(カラス)の威嚇のせいか、いなくなっていました。少し上流へ行ったところで、燕(ツバメ)の群れが水面近くを飛びまわっていましたが、速すぎて写真に撮ることはできませんでした。攻撃的な白鶺鴒(ハクセキレイ)が、果敢にも燕(ツバメ)を追い回していましたが、燕(ツバメ)の方が飛...

続きを読む

秋の花々が咲き競う野川公園

霧雨が降り続く肌寒い一日となりました。ついこの前までは猛暑日が続いていたのに、このところ一気に涼しくなりました。みなさま、風邪など引かないようお気を付けください。今日は半年ぶりに野川公園へ行ってきました。家を出たときは、雨が降っていなかったので、自転車で行ったのですが、途中から雨が降りはじめ、徐々に雨脚が強くなって、着く頃には、びしょびしょになってしまいました。今年は彼岸花(ヒガンバナ)の開花が遅...

続きを読む

近くの堰に5羽の小鴨(コガモ)が飛来

この前の日曜日は、午前中を中心にからっと晴れて清々しい陽気となりました。そんな中、自転車に乗って、多摩川沿いを下流方向へ、対岸の川崎市にある生田緑地まで行ってきました。多摩川に着くと、久しぶりに見る長玄坊(チョウゲンボウ)が上空を旋回し始めました。長玄坊(チョウゲンボウ)は2羽いて、河原の上を飛びながら獲物を探していました。また近くの堰には、今シーズン初めて見る小鴨(コガモ)が5羽飛来していました...

続きを読む

秋のシギ・チドリの渡り@三番瀬(後編)

昨日、千葉県船橋市の三番瀬(ふなばし三番瀬海浜公園)へ、渡り途中のシギ・チドリを見に行ってきました。(たくさん写真が撮れたので、2回に分けてアップしました。今回は後編です。)お昼ご飯を食べて、再び干潟に戻ってみると、少しずつ青空が見えはじめました。その後、帰るころにはすっきりした青空になりました。干潮を迎えて、広がった干潟では、渡り鳥の三趾鴫(ミユビシギ)、浜鴫(ハマシギ)、尾羽鴫(オバシギ)など...

続きを読む

秋のシギ・チドリの渡り@三番瀬(前編)

今日は、午前中は曇り空でしたが、お昼過ぎから晴れて、すっきりとした青空が広がりました。ネットで調べてみると、東京湾の干潮は午後2時ごろということで、少し遅めに出発して、千葉県船橋市にある三番瀬(ふなば三番瀬海浜公園)へ、行ってきました。(たくさん写真が撮れたので前・後編の2回に分けてアップします。)三番瀬は、東京湾の最奥部に位置する約1,800haの干潟・浅海域で、シギ・チドリなどの渡り鳥の重要な...

続きを読む

金木犀(キンモクセイ)の甘く優しい香り

今日は四連休の二日目。昨日から引続きどんよりとした曇り時々雨の天気となりました。先週に続いて、縞味(シマアジ)の様子を見に行ってみましたが、まだ仲間の冬鳥の緋鳥鴨(ヒドリガモ)などは飛来しておらず、縞味(シマアジ)は、留鳥の軽鴨(カルガモ)の群れに無理やりくっついて、身の安全を確保しているようでした。その後、神代植物公園へ行ってみると、どこからか金木犀(キンモクセイ)(実際には薄黄木犀(ウスギモク...

続きを読む

ウクレレの体験教室へ

今日から四連休。大分涼しくなってきましたが、関東地方はあいにく曇りがちの予報です。午前中、運動不足解消のためプールへ行った後、午後からは、駅前の音楽教室で開催していたウクレレの体験教室へ行ってきました。(バードウォッチング以外にも趣味の幅を広げられるといいなと思って・・・)ウクレレは、実は10年ぐらい前に買ったのですが、ずっと押入れの中で眠っていました。久しぶりに鳴らしてみると綺麗な音が出たので一...

続きを読む

堰堤の下で魚を探す鷺(サギ)たち@多摩川

この前の土曜日、朝早く目が覚めたので、朝食後、少しだけ多摩川へ行ってみました。そろそろ気の早い冬の鴨(カモ)が来ているかと期待していたのですが、さすがに早すぎたようでした。近くの堰堤の下では、青鷺(アオサギ)、大鷺(ダイサギ)、小鷺(コサギ)が、魚を狙って集まっていましたが、増水した川の流れは速く苦戦しているようでした。夏の間は見かけなかった雀(スズメ)の群れに何ヶ所かで出会いました。<この前の土...

続きを読む

青空が広がった多摩川

晴れのち曇りの天気予報だったので、早めに出発して、午前中、多摩川の一つ下流の堰まで行ってきました。少しずつ秋らしくなってきましたが、今日は、夏の間、多摩川で大きなさえずりを響かせている雪加(セッカ)と大葦切(オオヨシキリ)に出会うことができました。雪加(セッカ)はまださえずっていましたが、大葦切(オオヨシキリ)はもうさえずっていませんでした。日中は気温が上がって少し蒸し暑くなりましたが、ひと頃に比...

続きを読む

6シーズン連続で飛来した縞味(シマアジ)のオス

今日は曇り時々雨のぐずついた天気の一日でした。午前中、雨の止み間に、バスに乗って近所の公園へ行ってみました。園内の修景池には、例年、冬になるとたくさんの緋鳥鴨(ヒドリガモ)が飛来するのですが、まだ早すぎたのか姿はありませんでした。軽鴨(カルガモ)の群れの写真を熱心に撮っていたバードウォッチャーさんがいたので、カメラの先を双眼鏡で見てみると、何と縞味(シマアジ)のオス(エクリプス)の姿がありました。...

続きを読む

風にそよぐパンパスグラス@神代植物公園

この前の日曜日、台風の影響で、晴れたり曇ったり雷が鳴ったりと変わりやすい天気でしたが、お昼ご飯を食べた後、少しだけ神代植物公園へ行きました。(1週間前にも行ったのですが)芝生広場の真ん中に生えているパンパスグラスの穂が、急に立派になっていて、風にそよそよ揺れていました。蒸し暑い一日でしたが、時より吹く風がどことなく涼しくて、秋の気配を感じました。<晴れたり曇ったり変わりやすい天気でした><睡蓮(ス...

続きを読む

背高鴫(セイタカシギ)の群れ@多摩川(後編)

昨日、多摩川の下流へ背高鴫(セイタカシギ)の群れを見に行ってきました。背高鴫(セイタカシギ)を観察していると、突然、隼(ハヤブサ)の幼鳥が猛スピードで飛んで来て、土鳩(ドバト)の群れにアタックした後、葭原の上を低く飛びながら、背高鴫(セイタカシギ)の群れにもアタックを始めました。隼(ハヤブサ)の幼鳥はそんなにお腹が空いていなかったのか、すぐにあきらめてどこかへ飛んで行きましたが、背高鴫(セイタカシ...

続きを読む

背高鴫(セイタカシギ)の群れ@多摩川(前編)

今日は夕方から天気が崩れる予報だったので、早めに出かけて、多摩川の下流へ行ってきました。電車に乗って川崎駅へ。そこからは、駅前でレンタサイクルを借りて、自転車で移動しました。川沿いは、大部分が葭原(ヨシハラ)で覆われていますが、一ヶ所だけ開けていて干潟が見渡せるところがあり、4月に行ったときに背高鴫(セイタカシギ)がいたので、今回もそこへ行ってみました。背高鴫(セイタカシギ)は、他の多くのシギ・チ...

続きを読む

夏の終わりの神代植物公園&高尾山

この前の土曜日は葛西臨海公園へ行きましたが、最近、それ以外にも神代植物公園と高尾山に行ったので、そのとき撮った写真をアップしました。神代植物公園では、嘴太烏(ハシブトガラス)がじっと木陰で涼んでいたので、アップで写真を撮らせてもらいました。高尾山では、山の方へ行かないと出会えない掛巣(カケス)や小雀(コガラ)を見ることができました。高尾山の薬王院の境内で「三密の道」を発見しました。近くの石柱には以...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者数

検索フォーム

リンク