FC2ブログ

記事一覧

冬の鴨がほとんど旅立った多摩川

今日は、薄曇りの穏やかな春らしい(?)天気の一日となりました。一方、世の中は、新型肺炎の感染拡大防止のため非常事態。少し落ち着かない感じになっています。何と市民プールも3月下旬まで約1ヶ月休館するそうです・・・午前中に買い物に行ったので、午後少しだけ多摩川へ散歩に行きました。近くの堰堤の冬の鴨たちはほとんどいなくなっていました。河川敷でキャッチボールをしたり、土手の上をランニングしたり、多くの人が...

続きを読む

1泊2日で大洗・涸沼(茨木県)へ(その3・水戸編)

2月22日~23日に1泊2日で大洗・涸沼(茨木県)へ行ってきました。その1日目、大洗に行った後、鹿島臨海鉄道で水戸駅に戻って、千波湖と梅まつりで賑わっている偕楽園へ行きました。千波湖では、大白鳥(オオハクチョウ)や黒鳥(コクチョウ)の姿がありました。黒鳥(コクチョウ)は、オーストラリア固有種で本来は日本にはいない外来種です。すっかり人に慣れていて、餌を持っていなくてもぐいぐい近づいてきました。その...

続きを読む

縞味(シマアジ)のサヨナラのご挨拶@野川

今日は穏やかに晴れて過ごしやすい一日となりました。午前中にプールに行った後、隣駅の駅前でお昼ご飯を食べて、少しだけ野川沿いをサイクリング&バードウォッチングして帰ってきました。春の陽気に、尉鶲(ジョウビタキ)や小鴨(コガモ)など冬鳥たちは、そろそろ北国へ帰ろうかとそわそわしていました。また、野川の人気者の縞味(シマアジ)が、葭原の中から顔を出して、サヨナラのご挨拶をしてくれました。そんな中、なぜか...

続きを読む

1泊2日で大洗・涸沼(茨木県)へ(その2・涸沼編)

2日目は、朝から再び鹿島臨海鉄道に乗って涸沼駅へ、駅前でレンタサイクルを借りて、涸沼へ行きました。この日は、青空が広がりましたが、とても風が強く、特に沼の近くでは立っているのもやっとでした。涸沼には20年以上前から1羽の大鷲(オオワシ)が、毎年、越冬のために飛来していて、この日も一目見ようと、多くのバードウォッチャーが集まっていました。「いこいの村 涸沼」にあるインフォメーションセンターの方に聞くと...

続きを読む

1泊2日で大洗・涸沼(茨木県)へ(その1・大洗編)

2月23日は天皇誕生日。ということで、今週末は3連休。そこで、2月22日~23日の1泊2日で、大洗・涸沼(茨木県)へ行ってきました。1日目は、曇りがちの天気でしたが、心配していた雨は降らず、夕方にかけて少し青空も見ることができました。まず東京駅から特急ひたちに乗って水戸駅へ。そこから鹿島臨海鉄道に乗り継いで大洗駅に到着。駅から20分ほど歩いて大洗漁港に着くと、すでにお昼時だったので、早速お昼御飯をい...

続きを読む

頬白鴨(ホオジロガモ)のメスとの3年ぶりの出会い@東京港野鳥公園

この前の土曜日、黄連雀(キレンジャク)を見るために東京港野鳥公園へ行ったとき、大分冬鳥の鴨(カモ)数が減った潮入りの池で、他の鴨たちから少し離れたところを1羽で泳ぐ頬白鴨(ホオジロガモ)のメスの姿がありました。頬白鴨(ホオジロガモ)は、オスの頬に白い模様があるのが名前の由来で、日本へは冬鳥として北日本を中心に渡来します。以前は、多摩川の上流の羽村堰に毎年群れで来ていたのですが、数年前(3年前?)か...

続きを読む

土手で草を食べる緋鳥鴨(ヒドリガモ)@多摩川

今日はあいにくの雨模様の一日となりました。午前中に用事とプールを済ませ、午後の雨の止み間に少しだけ多摩川へ行きました。近くの堰堤には、緋鳥鴨(ヒドリガモ)はたくさんいましたが、すでに帰路に就いたのか、他の冬の鴨たちの姿はほとんどありませんでした。立春を過ぎて、土手に若草が生えてきているようで、緋鳥鴨(ヒドリガモ)の群れが、飛んできて草を食べていました。<今日の多摩川(あいにくの曇り空)><土手の斜...

続きを読む

初めて出会った黄連雀(キレンジャク)@東京港野鳥公園

今日は晴れの予報のはずが、なかなか雲がとれず曇り空の一日となりました。東京港野鳥公園の公式ブログに黄連雀(キレンジャク)の情報があったので、電車とバスに乗り継いで行ってみました。9時過ぎに到着すると、すでに多くのバードウォッチャーの方がいて、黄連雀(キレンジャク)がいるらしい林に向けてカメラを構えていました。早速、仲間に加わって、しばらく双眼鏡で林の中を覗いたりしていると、少し目立つ木の枝に出てき...

続きを読む

渡良瀬遊水地の猛禽たち

この前の土曜日、鸛(コウノトリ)を見るために渡良瀬遊水地へ行ったとき、広大な葭原に生息するたくさんの猛禽たちに出会うことができました。そろそろ帰ろうかと遊水地の中を自転車(コガッツ号)で走っているとき、葭原の上を獲物を探して低くゆったりと飛ぶ沢鵟(チュウヒ)の姿がありました。沢鵟(チュウヒ)は、北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖し、冬になると日本などに渡っている冬鳥ですが、主に葭原にいて...

続きを読む

雉鳩(キジバト)をとらえた大鷹(オオタカ)@新宿御苑

建国記念の日。穏やか晴れて過ごしやすい一日となりました。電車に乗って都心へ買い物へ行った帰りに、少しだけ新宿御苑へ寄ってみました。苑内を歩いていると、突然、雉鳩(キジバト)が近くを猛スピードで飛んでいき、そのすぐ後を追って大鷹(オオタカ)がさらに猛スピードで飛んでいきました。一瞬の出来事で、「どうなったかなぁ」と思いながらしばらく歩いていると、何と大鷹(オオタカ)が雉鳩(キジバト)を押さえつけてい...

続きを読む

鳥とよく目があった一日@神代植物公園

今日は冷たい風が吹く冬に逆戻りの一日となりました。ただ、日差しは思いのほか強く春は確実に近づいているようです。午前中、バスに乗って少しだけ神代植物公園へ行きました。園内では、冬鳥の鶫(ツグミ)、白腹(シロハラ)のほか、留鳥の百舌鳥(モズ)、四十雀(シジュウカラ)、柄長(エナガ)、小啄木鳥(コゲラ)などに出会うことができました。百舌鳥(モズ)がこちらを睨んでいたり、柄長(エナガ)がじっとこちらを見つ...

続きを読む

初めて見た鸛(コウノトリ)@渡良瀬遊水地

昨日までの寒さも和らぎ、鳥のさえずりや蜜蜂の姿に春の訪れを感じる一日となりました。(野田市から放鳥された)鸛(コウノトリ)が、渡良瀬遊水地に来ているという情報を入手したので、一目見ようと、電車とレンタサイクルで2年ぶりに行ってみました。渡良瀬遊水地の中にある谷中湖は、水質改善のため、水を抜いて湖の底面を乾燥させる「干し上げ」が行われていて、冬の鴨たちは狭くなった湖面に身を寄せ合うように集まっていま...

続きを読む

赤い目の大鷭(オオバン)@多摩川

今日も穏やかに晴れて暖かい一日でした。この冬は本当に暖かくてちょっと心配になります。午前中、プールに行った後、自転車に乗って野川沿いを下流へ、多摩川と合流する二子玉川まで行ってみました。お昼ご飯は二子玉川で、モロッコ料理(確かミートボールと卵のタジンのセット)を初めて食べました。セットに付いていたクスクス(細かくした小麦を蒸したもの?)が、プチプチした食感で美味しかったです。その後、多摩川を上流方...

続きを読む

フーテンの寅さん(虎斑木菟(トラフズク))との4年ぶりの出会い

今日は青空が広がりましたが、風の強い一日となりました。この冬まだちゃんと出会えていない虎鶫(トラツグミ)を探しに、電車とバスに乗り継いで、川崎市と横浜市の公園をはしごしました。川崎市の公園では、綺麗な瑠璃鶲(ルリビタキ)のオスに、横浜市の公園では、虎鶫(トラツグミ)とは別の寅さん(虎斑木菟(トラフズク))に、出会うことができました。虎斑木菟(トラフズク)は、唐楓(トウカエデ)のような木の中で、じっ...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

訪問者数

検索フォーム

リンク