FC2ブログ

記事一覧

今朝の多摩川(今日は自宅でテレワーク)

今日は1月とは思えない春のように暖かい一日でした。今日は1日中、自宅でテレワークしましたが、朝、勤務時間まで少し時間があったので、多摩川へ行ってみました。澄んだ青空に真っ白な富士山がきれいに見えました。<今日の多摩川(澄んだ青空と真っ白な富士山)その1><今日の多摩川(澄んだ青空と真っ白な富士山)その2><緑の翼鏡(ヨクキョウ)がキラリ!緋鳥鴨(ヒドリガモ)のオス><こちらをチラチラ星羽白(ホシハ...

続きを読む

寄生木(ヤドリギ)に集まる緋連雀(ヒレンジャク)の群れ

1月24日から25日まで1泊2日で山梨県の山中湖へ旅行に行きました。その1日目、湖畔を歩いていると、近くの寄生木(ヤドリギ)に集まる緋連雀(ヒレンジャク)の群れに2回出会うことができました。緋連雀(ヒレンジャク)は冬鳥で、尖った冠羽、冠羽の縁まで至る黒い過眼線、下尾筒や尾の先端が赤色などの特徴があります。また、寄生木(ヤドリギ)の実が好物なのですが、山中湖にはたくさんの寄生木(ヤドリギ)があり、良...

続きを読む

梅がちらほら咲き始めた神代植物公園

明け方の雨も午前中に止んで、午後からは曇り空となりました。例年と比べて、この冬は天気が悪い日が多いです。冬鳥は暗い茂みの中などにいることが多いので、天気が悪いと見つけるのが難しくなります。今日は、午前中にプールへ行ったので、お昼ご飯を食べた後、少しだけ神代植物公園へ行きました。神代植物公園へ行くのは3週間ぶりですが、早くもちらほら梅の花が咲き始めていました。天気のせいか人影もまばらでひっそりとして...

続きを読む

1泊2日で山中湖へ(2日目)

2日目も寒い曇り空の一日となりました。朝、日の出(6時51分)にあわせてホテルの庭で富士山を探していると、雲間から朝日を浴びた山頂がちらっと姿を見せてくれました。この日は、ホテルの周りを散策した後、忍野八海へ行きました。忍野八海は、2013年に富士山と一緒に世界文化遺産に登録され、その影響もあってか、海外からの観光客で大変な賑わいでした。忍野八海の名前の由来となった8つの池を巡りつつ、そこに住む鳥...

続きを読む

1泊2日で山中湖へ(1日目)

1月24日(金曜日)はお休みをいただいて、1泊2日で山梨県の山中湖へ行ってきました。近くの深大寺バス停を8時47分発の高速バスに乗って、2時間弱で富士山山中湖駅に到着。乗ったバスは新宿駅が始発ですが、他の乗客はほとんどが外国の方でした。着いた時はあいにくの曇り空で、富士山の姿は見えませんでしたが、午後から天気が回復して日没頃にはすっきり綺麗に見ることができました。泊まったホテルが、富士山が見られな...

続きを読む

初めて見る小喉白虫喰(コノドジロムシクイ)(迷鳥)

この前の日曜日、電車とバスに乗って八王子市へ、小喉白虫喰(コノドジロムシクイ)を見に行ってきました。大きさは雀(スズメ)ぐらい。本来は日本にいない鳥(迷鳥)で、国内での観察例は多くないそうですが、今シーズンは、八王子市以外でも目撃されているようです。ぜひ、元気に冬を越して仲間の元へと帰れることを祈ります。<初めて見た小喉白虫喰(コノドジロムシクイ)その1><初めて見た小喉白虫喰(コノドジロムシクイ...

続きを読む

立入禁止(一部のみ立入可)が続く多摩森林科学園

今日は、雪が降った昨日とは一転、朝から雲一つない青空が広がりました。電車とバスを乗り継いで八王子市へ、小喉白虫喰(コノドジロムシクイ)(迷鳥)を見に行きました。(その様子は後日アップしたいと思います。)小喉白虫喰(コノドジロムシクイ)を見た後、バスで移動して、久しぶりに多摩森林科学園へ行ってみましたが、昨年10月の台風19号による立入禁止(一部のみ立入可)がまだ続いていました。(復旧工事には1年ぐ...

続きを読む

川霧が出ていた多摩川

今日は雪が降ってこの冬一番の寒さとなりました。お昼ご飯を食べた後、少しだけ多摩川へ行ってみました。雪交じりの雨が降っていて、鳥との出会いはあまりありませんでしたが、河川敷の原っぱに雲雀(ヒバリ)の群れがいました。寒さのためか水面から少しだけ川霧が出ていました。夕方、雨が止まないのでバスに乗ってプールに行ってきました。明日は晴れるといいなぁ。<今日の多摩川(川霧が出ていました)><畑に降りてきた鶫(...

続きを読む

手賀沼の鳥たち(葭原・沼の鳥編)

この前の土曜日、千葉県の我孫子市と柏市の境にある手賀沼へ行ってきました。そのとき、たくさん写真が撮れたので2回に分けてアップしました。(手賀沼の鳥たち(猛禽類編)は、こちらをご覧ください。)手賀沼には広大な葭原が広がっていて、大寿林(オオジュリン)をはじめ、柄長(エナガ)、頬白(ホオジロ)、赤腹(アカハラ)、鶫(ツグミ)、雉(キジ)など、多くの鳥たちの住みかとなっていました。葭原のそばを歩いている...

続きを読む

神子秋沙(ミコアイサ)と紅猿子(ベニマシコ)の贅沢なコンビ

今日は成人の日。穏やかに晴れてポカポカ陽気の一日となりました。大好きな神子秋沙(ミコアイサ)が飛来しているという情報を入手し、電車(京王相模原線とJR横浜線)を乗り継いで横浜市の公園へ行ってきました。園内の水辺へ行ってみると、オスとメスの2羽の神子秋沙(ミコアイサ)(別名パンダ鴨)の姿がありました。神子秋沙(ミコアイサ)の名前の由来は、オスの全身が白く神子(ミコ)の白装束に似ているからだそうですが、...

続きを読む

どんより曇り空の多摩川

今日は肌寒い曇り空の一日となりました。午前中、図書館へ行きがてら、少し遠回りして多摩川の近くの堰堤へ行ってみました。双眼鏡を使って先週いた目白鴨(メジロガモ)を探してみましたが、すでにどこかへ移動したのか姿はありませんでした。台風による増水とその後の工事のため、小さな鳥の住みかとなる芒(ススキ)などがまったく無くなってしまったので、今年は頬白(ホオジロ)や四十雀(シジュウカラ)などが少なく感じます...

続きを読む

手賀沼の鳥たち(猛禽類編)

今日は晴れの予報でしたが、昼過ぎまでは曇り空、夕方に向かってようやく青空が広がりました。頑張って早起きして、電車とバスを乗り継いで、千葉県の我孫子市と柏市の境にある手賀沼に行ってきました。いつもは駅前でレンタサイクルを借りるのですが、あいにく冬季休業中ということで、道の駅までバスで行って、そこから沼沿いのサイクリングロードをずんずん歩きながら、バードウォッチングしました。(たくさん写真が撮れたので...

続きを読む

近くの堰堤の目白鴨(メジロガモ)@多摩川

昨晩は都内でも初雪が観測されたそうですが、朝から冬晴れの澄んだ青空が広がりました。午前中多摩川の近くの堰堤に行ってみると、冬の鴨の混群(緋鳥鴨(ヒドリガモ)・金黒羽白(キンクロハジロ)など)の中に一羽だけ見慣れない鴨がいました。ずっと顔を隠して寝ていたので、しばらく判別ができなかったのですが、一瞬起きたとき真っ白な目(虹彩)が見え、目白鴨(メジロガモ)と分かりました。図鑑によると、目白鴨(メジロガ...

続きを読む

緋水鶏(ヒクイナ)&都鳥(ミヤコドリ)@葛西臨海公園

今日も青空が広がって冬晴れの一日となりました。昨日に続き少し寝坊しましたが、せっかくの天気なので、頑張って電車を乗り継いで葛西臨海公園へ行ってきました。葛西臨海公園の鳥類園は、家でじっとしていることに飽きたバードウォッチャーさんで賑わっていました。鳥類園の上の池の葦原では、大鷭(オオバン)や鷭(バン)の群れの中に緋水鶏(ヒクイナ)の姿がありました。緋水鶏(ヒクイナ)は、2017年2月に手賀沼で見て以来...

続きを読む

お正月の神代植物公園&野川

明けましておめでとうございます。引続きマイペースに続けていきたいと思いますので、本年もよろしくお願いします。今日は穏やかに晴れて暖かい一日となりました。少し寝坊しましたが、午前中から神代植物公園へ行きました。園内の植物会館の前では、新春コンサート(小山兄弟による津軽三味線の演奏)が行われていて、多くの方で賑わっていました。三味線の音色を聞きながらバードウォッチングをしていると、普段は警戒心が強い菊...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

検索フォーム

リンク