FC2ブログ

記事一覧

3度目の台湾旅行(4日目)

最終日もあいにくの曇時々雨の天気。夕方(16時05分発)の飛行機まで時間があったので、國定古蹟(国宝のようなもの?)の林本源園邸へ行きました。まずBRTに乗って府中站へ、そこから歩いて林本源園邸に到着。パンフレットによると、林本源園邸の敷地面積は約6,054坪で、1853年から1893年にかけて庭園や多くの建物の造営が行われました。ちょうど着いたとき、たまたま日本人のガイドさんが日本からの観光客を案内するところで...

続きを読む

3度目の台湾旅行(3日目)

3日目はあいにくの雨の一日となりました。早朝から台湾の伝統的な朝食である豆漿(トウジャン)を食べに出かけました。豆乳を酢でおぼろ状にした鹹豆漿(シェントウジャン)を食べましたが、朝ご飯にぴったりの優しい味でした。午前中に行った台北植物園では、五色鳥(ゴシキドリ)、白腹水鶏(シロハラクイナ)、赤腹四季鳥(アカハラシキチョウ)などに出会いました。五色鳥(ゴシキトリ)は台湾固有種で、とてもカラフルな顔を...

続きを読む

3度目の台湾旅行(2日目後編)

台湾旅行2日目は、たくさん写真が撮れたので、前・後編の2回に分けてアップします。今回はその後編です。陽明山に行った後、さらにバスとBRTを乗り継いで、広大な干潟と葦原が広がる淡水河沿いの關渡自然公園へ行きました。關渡自然公園は、台北市野鳥学会が運営していて、園内のネイチャーセンターには、びっくりするくらい大きい双眼鏡があって、野鳥に詳しい(野鳥学会の?)方が常駐していました。びっくりするくらい大きい...

続きを読む

3度目の台湾旅行(2日目前編)

2日目は、4日間のうち唯一となる晴れの天気だったので、頑張って台北市郊外の陽明山と關渡自然公園へ行きました。(たくさん写真が撮れたので、前・後編の2回に分けてアップします。)台北市中心の台北車站からバスに乗って出発。しばらくすると郊外に出て、さらにぐんぐん山を登って、1時間ほどで陽明山に到着しました。陽明山にある前山公園では、山娘(ヤマムスメ)のほか、青鳩(アオバト)、台湾尾長(タイワンオナガ)、...

続きを読む

3度目の台湾旅行(1日目)

12月27日から30日まで3泊4日で3度目となる台湾へ行ってきました。羽田空港10時35分発のエバー航空に乗って、13時30分(時差マイナス1時間)に台北市の松山空港に到着。空港からMRT(台北市内の地下鉄)を乗り継ぎ、ホテル(中源大飯店)に着くと、すでに15時近かったので、この日はホテルの近くの迪化街をぶらぶらして過ごしました。迪化街は、台北市の西を流れる淡水河の舟運により発展した問屋街で、中央に...

続きを読む

寒くて雪が降りそうな神代植物公園(後編)

この前の日曜日、午前中だけ神代植物公園へ行きました。その際、たくさん写真が撮れたので前・後編の2回に分けてアップしました。今回がその後編です。(前編はこちらをどうぞ。)帰り際、雑木林の中を歩いていると、大鷹(オオタカ)が飛んできて、松の木の上にとまりました。ちょうど真上にとまったので姿が見えず、急いで少し離れたところへ移動。そこから観察していると、すぐに烏(カラス)が鳴き交わしながら集まってきて、...

続きを読む

寒くて雪が降りそうな神代植物公園(前編)

今日は冬至。雪が降りそうな寒い寒い一日でした。午後から雨の予報だったので、午前中限定で神代植物公園へ行きました。(その際、たくさん写真が撮れたので前・後編の2回に分けてアップします。)最初に行った水生植物園では、数日前に池の水を抜く「かいぼり」が行われたそうで、環境が変わったのか、普段はあまり見かけない青鷺(アオサギ)や大鷺(ダイサギ)の姿がありました。また、「かいぼり」でできた沼地には、立派な鷺...

続きを読む

白腹(シロハラ)が落ち葉をがさごそ@桜ヶ丘公園

今日はどんより曇り空。冬らしい寒い一日となりました。「自転車に乗って多摩川を上流へ」と思って、出発したのですが、先週に続き、寒さで早々に断念・・・駅前に自転車を止めて、電車とバスに乗り継いで、多摩市の桜ヶ丘公園へ行ってきました。園内の木々の葉はすっかり落ち、そのことで見通しがきき、遠くで地鳴きする瑠璃鶲(ルリビタキ)を見つけることができました。さらに、今シーズンまだ出会えていなかった冬鳥の白腹(シ...

続きを読む

多摩川の一つ下流の堰から生田緑地へ(後編)

この前の土曜日、多摩川沿いをぶらぶら一つ下流の堰へ行った後、生田緑地まで行ってきました。(2回に分けてアップしました。今回がその後編です。前編はこちらです。)一つ下流の堰には、小鴨(コガモ)、緋鳥鴨(ヒドリガモ)、尾長鴨(オナガガモ)、丘葦鴨(オカヨシガモ)、真鴨(マガモ)といった冬の鴨たちの姿がありました。お昼ご飯を食べた後、生田緑地に行きましたが、午後から風が強く吹き、木々がざわざわと揺れて、...

続きを読む

冷たい北風が吹く多摩川

今日もよく晴れましたが、冷たい北風が吹き寒い一日となりました。用事を済ませた後、今日も多摩川へ。府中市にある郷土の森博物館を目指して上流に向かって出発したのですが、冷たい北風(向かい風)に負けて、途中で断念してしまいました。この前の台風による増水で傷ついた多摩川の河原では、あちこちで補修工事が始まっていました。途中、アメリカ緋鳥(ヒドリ)や葦鴨(ヨシガモ)の姿がありましたが、寒さのせいか体を丸めて...

続きを読む

多摩川の一つ下流の堰から生田緑地へ(前編)

今日もよく晴れ、小春日和の一日となりました。年末のんびりしたいので前倒しで少しだけ大掃除をした後、自転車に乗って多摩川沿いをぶらぶら一つ下流の堰まで、そこからさらに生田緑地まで行ってきました。(2回に分けてアップします。今回がその前編です。)一つ下流の堰には、数十羽の百合鷗(ユリカモメ)の群れがいました。何かに驚いたのか一斉に飛び立ったその中に、なぜか一羽だけ小鷺(コサギ)の姿がありました。さらに...

続きを読む

U2の13年ぶりの来日コンサート@さいたまスーパーアリーナ

先日(12月4日)、さいたまスーパーアリーナへ、U2のコンサートを見に行ってきました。U2は、アイルランド出身の4人組のロックバンドで、1980年にデビュー、メンバー全員が還暦まじかの大ベテランです。世界的にはとても有名なのですが、なぜか日本ではそこまでではなく、そのこともあってか13年ぶりの来日となりました。大御所ということもあり、ステージに近いSS席は何と3万9800円!!!!さすがに手が出ず、ス...

続きを読む

冬晴れの神代植物公園&野川公園

この前の日曜日、冬晴れの青空の下、近くの多摩川、神代植物公園、野川公園、武蔵野の森公園へ行きました。その際、たくさん写真を撮ったので2回に分けてアップしました。(今回が2回目になります。1回目はこちらをご覧ください。)神代植物公園では、楓(カエデ)や曙杉(メタセコイア)をはじめ、木々の紅葉(黄葉)が見頃をむかえ、多くの方が紅葉狩りを楽しんでいました。毎冬、頭高(カシラダカ)が来てくれるところへ行っ...

続きを読む

冬晴れの多摩川&武蔵野の森公園

昨日とは一転して、今日は雲一つない冬晴れの一日となりました。せっかくの青空にいてもたってもいられず、自転車に乗って出発。少しだけ多摩川の様子を見に行った後、野川沿いを神代植物公園へ、さらに野川公園と武蔵野の森公園をはしごして帰ってきました。(たくさん写真が撮れたので2回に分けてアップします。)最初に行った近くの多摩川の堰堤には、先週もお会いしたバードウォッチャーのご夫婦がいて、珍しい鳥がいると教え...

続きを読む

野川をぶらぶら市民プールへ

今日は、朝から冷たい雨が降って寒い寒い一日となりました。夕方に雨が上がったので、市民プールへ行く途中、野川沿いをぶらぶら歩きました。最近、肩こり解消のためにときどき市民プールに行っています。こんなに寒いのにプールに行こうと思うなんて、習慣ってすごいですね。曇り空の夕方ということで、薄暗くてクリアな写真を撮ることはできませんでしたが、2羽の翡翠(カワセミ)のほか、野川では珍しい星羽白(ホシハジロ)の...

続きを読む

紅猿子(ベニマシコ)と鷽(ウソ)の人気のコンビ@宮ヶ瀬湖

この前の土曜日、宮ヶ瀬湖の林道へバードウオッチングに行ってきました。その際たくさん写真が撮れたので、2回に分けてアップしました。今回がその後編になります。前編はこちらをご覧ください。林道には、瑠璃鶲(ルリビタキ)のほかにも冬鳥の姿がたくさんあり、尉鶲(ジョウビタキ)、青鵐(アオジ)、茅潜(カヤクグリ)のほか、紅猿子(ベニマシコ)と鷽(ウソ)の人気のコンビを見ることができました。鷽(ウソ)は風船のよ...

続きを読む

近くの多摩川をぶらぶら散歩

今日は穏やかに晴れて小春日和の一日となりました。お昼ご飯を食べがてら、少しだけ近くの多摩川をぶらぶら散歩しました。この前の台風による増水で、葦原がなぎ倒されたり、大きな柳の木がごっそり流されたりで、心配していましたが、百舌鳥(モズ)、翡翠(カワセミ)、頬白(ホオジロ)、百合鷗(ユリカモメ)などいつもの鳥たちの姿を見つけて、少しだけ安心しました。久しぶりにお会いしたバードウォッチャー仲間のおじさんか...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

検索フォーム

リンク