FC2ブログ

記事一覧

そこここから瑠璃鶲(ルリビタキ)の地鳴き@宮ヶ瀬湖

今日は綺麗な青空が広がり真冬のように寒い一日となりました。秋は足早に過ぎて、早くも冬本番。10月26日以来、約1か月ぶりに宮ヶ瀬湖へ行ってきました。(今回もたくさん写真が撮れたので2回に分けてアップします。)前回行ったときには台風の影響でコーヒー牛乳色だった宮ヶ瀬湖は、大分青みが戻ってきていましたが、まだ濁っていました。(前回(10月26日)のコーヒー牛乳色の湖面の写真は、こちらです。)いつもの林道に向か...

続きを読む

多くの人が紅葉狩りを楽しむ新宿御苑

この前の日曜日。甲州街道ぶらぶら旅の途中、新宿御苑へ寄りました。あいにく曇り空の天気でしたが、紅葉シーズンということもあり、海外からの観光客などで賑わっていました。ときどき木の上から冬鳥の鳴き声が聞こえてきましたが、まだ多くの葉が残っていて見通しが悪いことや、この前の台風で立入禁止のエリアがたくさんあることなどで、なかなかその姿を見ることはできませんでした。日本庭園にある池の奥に、鴛鴦(オシドリ)...

続きを読む

いざ下諏訪へ!甲州街道四十四次(四ツ谷~内藤新宿)

いざ下諏訪へ。思い立って2日目。(前回は11月4日に江戸日本橋~四ツ谷まで歩きました。)生憎のぐずついた天気でしたが、電車を乗り継いで四ツ谷駅へ。そこから歩き始め、途中、赤坂離宮を見に行ったり、新宿御苑に寄ったりしながら、ようやく一つ目の宿である内藤新宿に到着しました。ちなみに江戸日本橋から内藤新宿までは約8.7k m。今回歩いた四ツ谷~内藤新宿間は約2.6km。新宿三丁目の交差点が青梅街道との追分(分岐点)に...

続きを読む

小糠雨(コヌカアメ)が降る多摩川

冷たい雨が降り続く一日となりました。午前中、買い物に出かけた後、家でゆっくりしていましたが、午後少しだけ多摩川へ行ってみました。先週はたくさんいた近くの堰堤の冬の鴨たちの姿は無くなっていましたが、変わりに河川敷の広場に渡り途中の鶫(ツグミ)の姿がたくさんありました。また、同じく冬鳥の田雲雀(タヒバリ)の姿もありましたが、まだ警戒心が強く、残念ながらお顔を見ることはできませんでした。傘を差していると...

続きを読む

富士山の左側(東側)に沈む夕日@多摩川

この前の土曜日の夕方、日の入りを見るために近くの多摩川へ行ってみました。この時期、日の入りは、だんだん左側(東側)へ移動していくので、先週の日曜日にちょうど富士山の真上に沈んだ夕日が、その日は富士山の左側(東側)に沈んでいきました。警戒心が強いはずの翡翠(カワセミ)が、夜を迎える前にお腹を満たそうと堰堤の魚道にとまって、夕食(魚)を探して、じっと水面を見つめていました。<富士山の左側に沈む夕日><...

続きを読む

赤・黄・橙に色づいた葉っぱ@神代植物公園

ここのところ天気が安定して、からっとした秋晴れの日が続いています。今日は、午前中に用事を済ませた後、少しだけ神代植物公園へ行きました。園内の木々は、紅葉が進んで、椛(モミジ)の葉は赤く、無患子(ムクロジ)の葉は黄色く、また、落羽松(ラクウショウ)の葉は橙色に色づいていました。まだ冬鳥の姿はほとんどなく、「ピーヨ、ピーヨ」と大きな声で鳴き交わす鵯(ヒヨドリ)と、あまり人を怖がらずに近くを飛びまわる四...

続きを読む

贅沢なコンビ(瑠璃鶲(ルリビタキ)&深山頬白(ミヤマホオジロ))

今日もからっとよく晴れて過ごしやすい一日となりました。電車に乗って、東京都西部の森林科学園へ行ってきました。園内は、高い木が倒れていたり、土砂崩れが起きていたり、この前の台風の傷跡がまだ残っていて、大部分が立ち入り禁止となっていました。杉林の中から、「ヒッヒッヒッヒッ」と冬鳥の地鳴きが聞こえてきたので、じっと待っていると、美しい瑠璃鶲(ルリビタキ)のオスが姿を見せてくれました。瑠璃鶲(ルリビタキ)...

続きを読む

多摩川のち武蔵野の森公園のち多摩川(その2)

この前の日曜日、午前中に用事を済ませた後、野川沿いを自転車で武蔵野の森公園まで行ってきました。野川沿いでは、翡翠(カワセミ)が、近くの木にとまったので、美しい姿をじっくり観察することができました。少し上流に移動すると、黄鶺鴒(キセキレイ)がいました。それまでに多摩川で白鶺鴒(ハクセキレイ)と背黒鶺鴒(セグロセキレイ)を見ていたので、白・黒・黄色の3色の鶺鴒(セキレイ)に出会ったことになります。武蔵...

続きを読む

多摩川のち武蔵野の森公園のち多摩川(その1)

今日も爽やかな秋晴れの一日となりました。午前中、少し多摩川を散歩、帰って用事を済ませた後、自転車に乗って武蔵野の森公園へ、買い物を済ませて帰ってきた後、夕方、再び少しだけ多摩川へ行ってきました。(たくさん写真が撮れたので、2回に分けてアップします。)秋の深まりとともに、多摩川の(冬鳥の)鴨(カモ)も少しずつ増えてきて、今日は、小鴨(コガモ)、丘葦鴨(オカヨシガモ)、金黒羽白(キンクロハジロ)、緋鳥...

続きを読む

高尾山で紅葉狩り

今日は午前中は雲がかかっていましたが、午後からよく晴れて秋晴れの一日となりました。約2か月ぶりとなる高尾山へ行ってきました。(この前の台風19号(ハギデス)以来初めてとなります。)大きな木が倒れていたり、通行止めになっていたり、台風の被害も残っていましたが、紅葉狩りに来た多くの方で賑わっていました。冬鳥の気配がそこかしこから感じられましたが、まだ警戒心が強いのか、なかなか姿を見ることはできませんでし...

続きを読む

数年ぶりに行った三番瀬(その他編)

11月2日に行ったふなばし三番瀬海浜公園の写真も今回で最後になります。 三番瀬には、これまでアップした鴨(カモ)や鴫・千鳥(シギ・チドリ)のほか、鳰(カイツブリ)の仲間である冬鳥の羽白鳰(ハジロカイツブリ)や、冠鳰(カンムリカイツブリ)の姿がありました。鳰(カイツブリ)の仲間は、魚をとるために頻繁に水中に潜るので、シャッターを押そうとした瞬間に潜水してしまったり、意外と写真を撮るのが難しいです。ま...

続きを読む

数年ぶりに行った三番瀬(鴫・千鳥(シギ・チドリ)編その2)

さらに引続き11月2日に行ったふなばし三番瀬海浜公園の写真です。三番瀬で有名な鳥といえば、都鳥(ミヤコドリ)です。都鳥(ミヤコドリ)は、赤いクチバシが特徴で、かつて日本では旅鳥または冬鳥として、主に九州に渡来していましたが、近年は東京湾でも定期的に観察されるようになり、三番瀬は日本一の都鳥(ミヤコドリ)の渡来地となっています。(ちなみに古典文学に登場する都鳥(ミヤコドリ)は、百合鷗(ユリカモメ)の...

続きを読む

数年ぶりに行った三番瀬(鴫・千鳥(シギ・チドリ)編その1)

引続き、11月2日に行ったふなばし三番瀬海浜公園の写真をアップしたいと思います。午前中、防波堤やネットの上で、じっと干潮を待っていた浜鴫(ハマシギ)や三趾鴫(ミユビシギ)が、干潮が近づくと一斉に干潟へ向けて飛び立ちました。後を追って干潟へ行ってみると、浜鴫(ハマシギ)や三趾鴫(ミユビシギ)が、干潟を忙しく歩き回りながら、砂の中にクチバシを差し込んで、食べ物(蟹(カニ)や貝(カイ))を探していました...

続きを読む

いざ下諏訪へ!甲州街道四十四次(日本橋~四ツ谷)

文化の日の振替休日で今日はお休み。秋晴れの澄んだ青空が広がり、からっとした過ごしやすい一日となりました。日ごろの運動不足解消とバードウォッチング以外の趣味作りをかねて、甲州街道を日本橋から歩いてみることにしました。ちなみに甲州街道は、日本橋(東京都中央区日本橋)から、下諏訪(長野県諏訪郡下諏訪町)までの44宿で、ネットの情報によると、距離は約53里2町23間(約208.5km)です。(1里≒3.93km、1町≒109m、...

続きを読む

数年ぶりに行った三番瀬(鴨(カモ)の仲間編)

昨日(11月2日)は、からっとした秋晴れの清々しい一日となりました。電車とバスに乗り継いで、数年ぶりに千葉県船橋市のふなばし三番瀬海浜公園へ行ってきました。たくさん写真が撮れたので3~4回に分けてアップしたいと思います。そのうち、今回は鴨(カモ)の仲間編です。三番瀬には、広大な干潟が広がっていて、鴫(シギ)・千鳥(チドリ)など多くの水鳥が集まります。当日の干潮は午後2時ごろということで、午前中は、...

続きを読む

(仮)数年ぶりに行った三番瀬(順調製作中)

皆さま、こんばんは。数年ぶりとなる三番瀬(ふなばし三番瀬海浜公園)へ行ってきました。たくさん写真が撮れたので、少し整理して、数回に分けてアップしたいと思いますので、しばしお待ちくださいませ。<しばらくお待ちください(_ _)(大反嘴鴫(オオソリハシシギ))>...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

訪問者数

検索フォーム

リンク