FC2ブログ

記事一覧

紫陽花(アジサイ)を見に行きました

この前の日曜日、朝から雨が降っていましたが、お昼前に上がったので、府中市にある郷土の森博物館へ紫陽花(アジサイ)を見に行ってきました。同じように雨上がりを待って来館した人が多かったのか、入館券売り場には珍しく長い列ができていました。紫陽花(アジサイ)の花は、青空よりも曇り空の方が映える気がします。青と赤が混ざった何とも言えない微妙な色合いがとても素敵でした。<郷土の森博物館内の紫陽花(アジサイ)そ...

続きを読む

どんより梅雨空の多摩川

今日は、雨が降ったり止んだりの、どんよりした梅雨らしい一日でした。朝、習慣となっている多摩川へぶらぶら行ってみました。近くの堰堤では、たくさんの小鷺(コサギ)とその他大鷺(ダイサギ)、青鷺(アオサギ)が、集団で魚を獲っていました。少し下流にある鳶(トビ)の巣では、今日も巣の近くの枝に幼鳥がとまっていました。(もう一羽は巣の中で羽ばたきの練習をしているようでした。)帰り際、土手の上にある標識に嘴細烏...

続きを読む

南高尾尾根をぶらぶら

今日も梅雨の晴れ間となりました。JR中央線の高尾駅からバスに乗って、久しぶりに南高尾尾根へ行ってみました。植林された杉林の中の林道を徐々に登って尾根へ出て、ちょっとした山頂でお昼ご飯を食べました。その後は、ときどき景色が開ける尾根沿いを歩いて、登りと同じような杉林の中を下って帰ってきました。道中、頬白(ホオジロ)が電線や杉の木のてっぺんでさえずっていました。また、何度か黄鶲(キビタキ)と出会うことが...

続きを読む

北山公園から多摩湖へ(後編)

この前の土曜日、東村山市の北山公園から多摩湖まで、北川沿いをぶらぶら歩きました。(「北山公園から多摩湖へ(前編)」はこちらをご覧ください。)北川では、白鶺鴒(ハクセキレイ)の幼鳥(多分)や、日向ぼっこ中の雀(スズメ)、立派な燕尾の燕(ツバメ)に出会いました。多摩湖では、小千鳥(コチドリ)の親子や桜の木に集まる椋鳥(ムクドリ)に出会いました。椋鳥(ムクドリ)は、みんな上を向いて口を開けていたけど、こ...

続きを読む

多摩川のち神代植物公園

今日は梅雨らしいどんより曇り空のち雨の一日でした。いつもどおりぶらぶら多摩川へ行ってみました。鳶(トビ)の巣のあるところへ行ってみると、2羽の幼鳥のうち、1羽はすでに巣立っていて、これまで親鳥がとまっていた枝の上で、親鳥に代わって辺りを警戒していました。(そう見えたけど、ただ親鳥が食べ物を持って来てくれるのを待っていたのかも。)もう1羽は、巣立ちの準備か巣の中でずっと毛繕いをしていました。その他、...

続きを読む

北山公園から多摩湖へ(前編)

今日は晴れて真夏のように暑い一日でした。今年初めて半袖で外出したところ、両腕がしっかり日焼けしてしまいました。この時期は、菖蒲(しょうぶ)が綺麗なので、東村山市にある北山公園内の菖蒲田へ2年ぶりに行ってきました。西武鉄道の東村山駅で降り、公園に向かう途中にある正福寺へ寄りました。境内にある千体地蔵堂は、都内唯一の国宝建築物で、約600年前(1407年(室町時代))の建立です。菖蒲田の菖蒲は、見頃を...

続きを読む

鷭(バン)の親子@調布飛行場

この前の日曜日、用事を済ませた後、(多摩川で会ったおじさんに勧めていただいた)調布飛行場へ自転車で行ってみました。調布飛行場では、あちこちで、雲雀(ヒバリ)や雪加(セッカ)が飛びながらさえずっていました。隣接する武蔵野の森公園の桜の木には、椋鳥(ムクドリ)の大群がとまっていて、賑やかに鳴き交わしながら、桜の実を食べていました。また、園内の池には、数組の鷭(バン)の親子がいました。すっかり人に慣れて...

続きを読む

波斯菊(ハルシャギク)が咲き誇る多摩川

今日も梅雨の晴れ間となりましたが、昨日より涼しく過ごしやすい一日でした。いつものように朝からぶらぶら多摩川へ行ってみました。近くの堰堤に烏(カラス)の親子がいましたが、何となくクチバシが細いようです。多分、最近よく会う(威嚇される・・・)嘴太烏(ハシブトガラス)の親子ではなく、新顔の嘴細烏(ハシボソガラス)の親子のようです。鳶(トビ)の巣のところに、先週もいたおじさんが今日も巣を観察していました。...

続きを読む

八王子城跡へ行ってきました

水曜日に関東地方は梅雨入りしましたが、今日は梅雨の晴れ間、蒸し暑い一日となりました。電車に乗って八王子城跡へ行ってきました。八王子城は、戦国時代に小田原に本拠をおいた北条氏が築いた山城で、天下統一を目指す豊臣秀吉の小田原攻めの際、前田利家と上杉景勝らが率いる北国勢の攻撃を受けて落城しました。駐車場もありバスのアクセスも良いので、城跡内の沢沿いにはたくさんのバードウオッチャーが集まっていました。三光...

続きを読む

梅雨の予感@神代植物公園

この前の日曜日、午後から野川沿いをぶらぶら神代植物公園へ行きました。少し遠回りして、昨年軽鴨(カルガモ)の親子を見たあたりへ寄ってみると、今年も軽鴨(カルガモ)の親子(親鳥+5羽)がいました。子供たちは、すでに大分大きくなっていました(人間でいうと小学生ぐらい?)。神代植物公園では、水生植物園で菖蒲(ショウブ)が少し咲いていました。また、柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)が一朶(イチダ)だけ咲いていま...

続きを読む

厳しい生存競争@多摩川

今日もよく晴れて、日差しが強い一日でした。朝からぶらっと多摩川へ行ってきました。(この時期、朝晩はまだ涼しいので、長袖シャツだとちょっと寒いくらいでした。)近くの堰堤では、一回り小さな河鵜(カワウ)の幼鳥がデビューしていました。河原を下流の方へ歩いていくと、鳶(トビ)が、巣の近くの枝の上に仁王立ちしていました。巣を観察していたおじさんに聞いてみたところ、巣にはまだ2羽の雛がいるそうなのですが、烏(...

続きを読む

今年3回目の多摩森林科学園

梅雨の足音が近づく今日この頃ですが、今日は快晴の一日となりました。1月に年間パスポートを購入してから3回目となる多摩森林科学園にやってきました。園内をぐるっと一周する間に、「特許許可局~特許許可局~」という不如帰(ホトトギス)の鳴き声を何度も聞きましたが、残念ながら今日も写真を撮ることはできませんでした。(鳴きながら飛んでいる姿は何度が目撃しました。)また、園内では、桜の木などにたくさんの毛虫(芋...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者数

検索フォーム

リンク