FC2ブログ

記事一覧

これまでに出会った鴨の仲間たち

これまでに出会った鴨の仲間の写真を(オスを中心に)アップしてみました。鴨の仲間で一番身近な軽鴨(カルガモ)は、一年中いる留鳥ですが、そのほかは、秋の終わりにやってきて、春とともに旅立っていく冬鳥です。そして、軽鴨(カルガモ)だけが、オスとメスで同じ模様(少なくとも自分は見分けられない・・・)で、そのほかは、オスとメスで模様が異なります(オスの方が派手なものが多い)。鴨の仲間は、比較的近くでまったり...

続きを読む

冷たい雨が降る多摩川

今日は、冷たい雨が降って真冬に逆戻りしたような一日でしたが、雨にも負けず、朝から少しだけ多摩川へ行ってみました。人気(ひとけ)が無いせいか、いつもの堰堤の鴨たちは、川岸のすぐ近くで休んでいました。河原に行ってみると、雨にも負けず、寒さにも負けず、水面を燕(ツバメ)が飛び回っていました。また、こちらも人気(ひとけ)が無い広場では、たくさんの鶫(ツグミ)がいて、雨雲を見上げて帰る時期を思案しているよう...

続きを読む

風に乗って空を舞う長玄坊(チョウゲンボウ)

今日は午前中に、電車に乗って、稲城市まで長玄坊(チョウゲンボウ)を見に行ってきました。毎年、春になると、何組かの長玄坊(チョウゲンボウ)がここに来て、谷戸に架かる橋げたで営巣します。まだ畑や草原が近くに残っていて、ねずみなどの小動物がたくさんいるのが良いのかな。カメラの連写機能を使って、橋の上から、長玄坊(チョウゲンボウ)の飛び立ちを撮ってみました。(まだまだ上手には撮れませんが・・・)長玄坊(チ...

続きを読む

春の花と鳥たち@神代植物公園

この前の日曜日、お昼を食べがてら、神代植物公園へ行ってきました。染井吉野はまだ咲いていませんでしたが、早咲きの桜が咲いていて、くちばしを花粉で黄色く染めた鵯(ヒヨドリ)や、花弁をむしゃむしゃ食べる輪掛本青鸚哥(ワカケホンセイインコ)(外来種)が、桜の木にとまっていました。神代植物公園に来るのは3週間ぶりですが、春は刻一刻と草木の表情が変わるので、近いうちにまた来ないとなぁと思いました。次の週末には...

続きを読む

今日もぶらぶら多摩川へ(祝ブログ1周年)

今日も晴れて暖かい一日となりました。朝からぶらぶら多摩川へ行ってみると、いつもの堰堤(エンテイ)の木に、烏(カラス)みたいだけど、よりまっすぐに(直立に)とまっている鳥がいたので、双眼鏡で覗いてみると、隼(ハヤブサ)の若鳥でした。(ここで隼(ハヤブサ)の若鳥を見るのは初めてです。)すぐ近くに烏(カラス)の巣があり、辺りはすっかり烏(カラス)の縄張りのはずですが、隼(ハヤブサ)の若鳥は、烏(カラス)...

続きを読む

裏高尾から相模湖へ(2日目)

陣馬山のふもとにある温泉旅館で一泊した後、今日は相模湖畔をぶらぶらして帰ってきました。(前日のブログは、こちらをご覧ください。)天気も良く暖かい一日でしたが、春らしく青空には霞みがかかっていました。相模湖畔には「芸術の道」と言うハイキングコースがあり、一周2時間ぐらいなので、軽い気持ちで行ってみましたが、昨日の疲労が残っていたためか、途中でバテて断念してしまいました・・・「芸術の道」らしく、道端に...

続きを読む

裏高尾から相模湖へ(1日目)

久しぶりの3連休。土曜日から日曜日にかけて一泊二日で、裏高尾から峠を越えて相模湖まで行ってきました。裏高尾の林道では、鷦鷯(ミソサザイ)が美しい声でさえずっていました。ただ、薄暗いところをちょこまかと動き回るので、うまく写真に撮ることができませんでした。また、瑠璃立羽(ルリタテハ)など何種類かの蝶々に出会いました。この林道は蝶々が多くいるらしく、蝶々の写真を撮っている人がたくさんいました。花を咲か...

続きを読む

烏(カラス)が巣作りを始めた多摩川(+緊急速報)

この前の日曜日、多摩川沿いをぶらぶら一つ河口寄りの堰堤まで行ってきました。川の中にいた大鷭(オオバン)がこちらを向いてじっとしていました。正面から見ると、くちばしや額の白さが際立って見えました。河原では、何ヶ所か烏(カラス)が巣作りをしていました。どれも比較的目立つ場所にありましたが、見張りのためでしょうか。ちょっと見ていると、すぐに警戒してこちらへ飛んできたので、急いで退散しました。一つ河口寄り...

続きを読む

冬鳥たちが大接近@野川公園

今日は、午後から自転車で野川沿いをぶらぶら野川公園に行ってきました。途中の野川では、縞味(シマアジ)に出会いました。前回は草の中でじっとしていましたが、今日は右に左に泳ぎ回ったり、水浴びしたり、活発に活動していました。野川公園では、帰り旅の途中なのか冬鳥の鴲(シメ)の大きな群れがいました。その他、常鶲(ジョウビタキ)のメスや鶫(ツグミ)がいましたが、周りの環境にも人にもすっかり慣れて、びっくりする...

続きを読む

花粉症にも負けずに高尾山へ

朝晩はまだまだ冷え込みますが、昼間は、穏やかに晴れて春を感じる日が多くなってきました。今日は、花粉症にも負けずに高尾山へ行ってきました。高尾山に着いてから帰ってくるまで、一回もくしゃみが出ませんでした。花粉症って不思議。冬鳥は少なくなって、一方で、夏鳥が来るのはまだ先なので、高尾山は、鳥も少なく、静かでしたが、沢沿いで鷦鷯(ミソサザイ)が綺麗な声でさえずっていました。(残念ながら姿を見ることはでき...

続きを読む

葛西臨海公園の冬鳥たち(パート2)

この前の土曜日、葛西臨海公園へ行ったときの続きです。(パート1は、こちらをご覧ください。)お昼ご飯を食べていると、海秋沙(ウミアイサ)や羽白鳰(ハジロカイツブリ)が近くにやって来ました。羽白鳰(ハジロカイツブリ)は、冬羽と夏羽の2羽がいましたが、夏羽の羽白鳰(ハジロカイツブリ)は、迫力があってちょっと怖かったです。その後、葛西渚橋を渡って、西なぎさへ行ってみると、鈴鴨(スズガモ)と冠鳰(カンムリカ...

続きを読む

春の兆し@多摩川

今日も、日曜日の朝の恒例である多摩川へぶらぶら行ってきました。近くの堰堤には、金黒羽白(キンクロハジロ)や丘葦鴨(オカヨシガモ)、冠鳰(カンムリカイツブリ)など、まだまだたくさんの冬鳥がいました。一方で、烏(カラス)がハンガーを使った丈夫な巣を作っていたり、鳶(トビ)が忙しそうに巣の材料を運んでいたり、百舌鳥(モズ)が柳の木の中で愛を語らっていたり、本来は冬鳥の頭高(カシラダカ)がさえずっていたり...

続きを読む

葛西臨海公園の冬鳥たち(パート1)

今日は、昨年の11月以来、約4ケ月ぶりに葛西臨海公園に行ってきました。普段より出発が遅かったためか、行きのJR京葉線は、ディズニーランドへ行く人たちでいっぱいでした。葛西臨海公園内の鳥類園を一周する間に、帰りの旅の前に集まる星羽白(ホシハジロ)の大群、初めて見た蟻吸(アリスイ)のほか、嘴広鴨(ハシビロガモ)、鷽(ウソ)、赤腹(アカハラ)、虎鶫(トラツグミ)、青鵐(アオジ)、鵟(ノスリ)、常鶲(ジョウ...

続きを読む

春の陽気の神代植物公園

この前の日曜日、春の陽気に誘われて、昼から神代植物公園へ行ってきました。久しぶりに園内の温室に行ってみると、スターウォーズに出てくるダースベイダーの顔に似た不思議な形のアリストロキア・サルバドレンシスと言う花が咲いていました。園内をぐるっとする間に、紅梅(コウバイ)の甘い香りにつられて飛んできた目白(メジロ)や蝋梅(ロウバイ)の花をむしゃむしゃ食べる鵯(ヒヨドリ)など(忙しそうに)春を満喫している...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

検索フォーム

リンク