FC2ブログ

記事一覧

たくさんの白鶺鴒(ハクセキレイ)が飛び回る多摩川

今日は、穏やかに晴れ、春めいた一日でした。朝から用事を済ませた後、いつもどおりぶらぶら多摩川へ行きました。河原では、そこここで、雲雀(ヒバリ)や頬白(ホオジロ)がさえずっていて、春を感じることができました。(鶯(ウグイス)もさえずっていました。)そのほか、たくさんの百舌鳥(モズ)と白鶺鴒(ハクセキレイ)に出会いました。百舌鳥(モズ)は、そろそろ子育ての準備かなぁ。白鶺鴒(ハクセキレイ)は、虫を追い...

続きを読む

初めて見た田鴫(タシギ)と緋水鶏(ヒクイナ)@手賀沼

今日は、千葉県の我孫子市にある手賀沼に行ってきました。JR常磐線の我孫子駅で降りて、徒歩で手賀沼へ向かいました。手賀沼に着くと、たくさんの尾長鴨(オナガガモ)や百合鷗(ユリカモメ)が手の届きそうな距離にいました。地元の人が餌をあげているので人を怖がらないからだと思います。手賀沼大橋を対岸に渡りぐるっと一周しようかと思いましたが、あまりの大きさに断念しました。初めて出会う田鴫(タシギ)や緋水鶏(ヒクイ...

続きを読む

烏(カラス)の攻撃をかわす鳶(トビ)@多摩川

この前の土曜日、府中市郷土の森博物館まで、多摩川沿いを自転車で往復している時に、撮った写真をアップしました。鳶(トビ)が、目立つ木の上でご馳走(魚の頭?)を食べていました。それを烏(カラス)が目ざとく見つけ、すぐに近付いて来ました。烏(カラス)が横取りしようと飛びかかり、奪われたかと思いましたが、間一髪、鳶(トビ)は食べかけのご馳走(魚の頭?)を掴んで飛びあがりました。冬鳥の鶫(ツグミ)がまだまだ...

続きを読む

再びの瑠璃鶲(ルリビタキ)@新宿御苑

今日も、朝からぶらぶら多摩川へ行きました。近くの堰堤では、いつもは対岸寄りにいることが多い鴨(カモ)の群れが、今日はこちら側にいて、小鴨(コガモ)、丘葦鴨(オカヨシガモ)、嘴広鴨(ハシビロガモ)などを近くで見ることができました。河原をぶらぶらしていると、同じ枝に2羽で仲良く並ぶ鳶(トビ)や2羽で仲良く泳ぐ鳰(カイツブリ)などに出会うことができました。その後、新宿へ買い物へ行き、ついでに新宿御苑をぐ...

続きを読む

「梅に〇〇」@府中市郷土の森博物館

昨日は春一番が吹いて暑いぐらいでしたが、今日は冷たい北風が吹き、真冬に逆戻りの日でした。自転車に乗って、多摩川沿いを上流方向へ、府中市郷土の森博物館へ梅を見に行ってきました。園内の梅は、まだ蕾(ツボミ)もありましたが、蕾(ツボミ)は蕾(ツボミ)で可愛らしくて好きなので、ちょうど良い感じでした。ことわざに「梅に鶯(ウグイス)」と言うのがあります。今日は、目白(メジロ)のほか、梅の木にとまる鳥たちの写...

続きを読む

再びの縞味(シマアジ)@野川

前の日曜日、お昼を食べがてら、野川沿いをぶらぶら、神代植物公園へ行ってきました。野川には、珍しい縞味(シマアジ)のオスが、昨シーズンに続き、やって来てくれました。縞味(シマアジ)は鴨の仲間で、小鴨(コガモ)と同じぐらいの大きさの小さい鴨です。昨シーズンは、軽鴨(カルガモ)と一緒に泳いでいましたが、今回は、1羽で、草の中でじっとしていました。(昨シーズンの写真は、こちらをご覧ください。)その後行った...

続きを読む

白鳥(ハクチョウ)の群れが多摩川の上空を通過

今日は、天気は良かったのですが、風が強くとても寒い一日でした。寒さに負けずに、午前中、ぶらぶら多摩川へ行ってきました。頑張って行った甲斐があり、久しぶり(12月以来、約2か月ぶり)に大鷹(オオタカ)の若鳥の元気な姿に出会うことができました。そこから、下流方向へ、鶫(ツグミ)、百舌鳥(モズ)、小鷺(コサギ)、青鷺(アオサギ)、鵟(ノスリ)などの写真を撮りながら移動し、大鷭(オオバン)の写真を撮ってい...

続きを読む

雪化粧した高尾山

久しぶりに高尾山へ行ってきました。そう言えば、今年初めてです。今日は快晴でしたが、最近降った雪が残っていて、木の枝に積もっている雪が風でひらひら舞って幻想的でした。鳥にはなかなか出会うことができませんでしたが、なぜかメス(もしくはオスの若鳥)ばかり4羽の瑠璃鶲(ルリビタキ)に出会いました。下山中、山道が凍っていて、滑って怖かったですが、なんとか転ばずに帰って来ることができました。(なので、下山中は...

続きを読む

立春の昭和記念公園

この前の土曜日(立春でした)、羽村堰へ頬白鴨(ホオジロガモ)を見に行った帰りに、立川市にある昭和記念公園に寄りました。(当日のブログは、こちらをご覧くださいませ。)園内にある池では、尾長鴨(オナガガモ)、嘴広鴨(ハシビロガモ)、緋鳥鴨(ヒドリガモ)など冬鳥の鴨(カモ)たちが集まっていました。緋鳥鴨(ヒドリガモ)の群れは、落ち着きがなく、ずっと追いかけっこをしていました。その中に早くも赤茶色の夏羽に...

続きを読む

頬赤(ホオアカ)と鵟(ノスリ)に会いました

今日は午後から久しぶりに雨の予報。朝はまだ晴れていたので、ぶらぶら多摩川へ行ってきました。いつもは静かな小鴨(コガモ)たちが、今朝は賑やかにピーピー呼び合っていました。帰りの旅の相談でしょうか。11月以来、久しぶりに頬赤(ホオアカ)に出会いました。芒(ススキ)の穂の上でじっとしていたので、しっかり写真に撮ることができました。途中からは、多摩川で時々お会いする(双眼鏡とカメラを持った)ご夫婦と一緒に...

続きを読む

羽村堰の頬白鴨(ホオジロガモ)たち

今日は立春。穏やかに晴れて暖かい一日でした。少し早起きして、電車に乗って、羽村堰へ行ってきました。JR青梅線の羽村駅で降りて、西へ15分ほど歩くと多摩川の羽村堰に着きました。羽村堰に行った目的は、越冬のために毎年来る頬白鴨(ホオジロガモ)に会うためです。すぐには見つけられませんでしたが、橋を渡って対岸へ行き、上流へ少し行ったところで、10羽前後の群れに会うことができました。下膨れの顔に白いほっぺが可...

続きを読む

渡良瀬遊水池の猛禽たち

この前の土曜日に、渡良瀬遊水地で出会った猛禽たちの写真をアップしました。(当日のブログは、こちらをご覧ください。)レンタサイクル(コガッツ号)に乗って、渡良瀬遊水地に着くと、すぐに2羽の沢鵟(チュウヒ)が青空を舞っているのが見えました。沢鵟(チュウヒ)は、体の色の個体差が大きく、 片方は、頭部から腹部にかけて白っぽく見えました。お昼ご飯を食べた後、谷中湖に沿って遊水地を移動していると、葭原(ヨシハ...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

訪問者数

検索フォーム

リンク