FC2ブログ

記事一覧

大晦日の明治神宮

一年間の無病息災に感謝して、明治神宮に行ってきました。例年は午後から行くのですが、今年は朝から行きました。まだ人は多くありませんでしたが、様々な国の観光客の方が来ていました。都心とは思えないうっそうとした森が広がっていて、いろんな鳥の鳴き声が聞こえてきました。普段とは別のコンパクトなカメラだったので、うまく写真が撮れませんでしたが、白腹(シロハラ)、瑠璃鶲(ルリビタキ)のオスとメス、山雀(ヤマガラ...

続きを読む

4年連続の瑠璃鶲(ルリビタキ)

先日(12月28日)、八王子駅の北側にある公園に行ってきました。この季節にこの公園に来るのは4年連続で、お目当ては、ずばり瑠璃鶲(ルリビタキ)です。公園に着き、いつも瑠璃鶲(ルリビタキ)に会える辺りに行ってみると、すぐに鳴き声が聞こえ、しばらくすると綺麗な瑠璃色のオスが姿を現しました。何度か目の前の柵の上にとまってくれたので、じっくりと写真を撮ることができました。その後、園内をうろうろしてみましたが、...

続きを読む

ナポレオンハットの葦鴨(ヨシガモ)

今日は、午前中、自転車で多摩川を上流方面へ、聖蹟桜ヶ丘まで行ってきました。家の近くの堰堤(エンテイ)では、葦鴨(ヨシガモ)が数羽いました。頭の形がナポレオンハットみたいなおしゃれな鴨です。途中、鉄塔の上にとまる隼(ハヤブサ)を見つけました。(隼(ハヤブサ)は鉄塔が好きなようで、よく鉄塔にとまっています。)聖蹟桜ヶ丘の近くでは、寒いのか鵟(ノスリ)が木の中でじっとしていました。事情があり、午後からは...

続きを読む

花鶏(アトリ)の当たり年

今日は、午前中はどんより曇り空でしたが、午後から晴れて、気持ちの良い冬空が広がりました。午前中から、神代植物公園へ出かけました。園内では、四十雀(シジュウカラ)、柄長(エナガ)、尾長(オナガ)、花鶏(アトリ)、嘴太烏(ハシブトガラス)などの鳥に出会いましたが、どの群れも食べ物を探して忙しそうに飛び回っていました。その後に行った武蔵野の森公園では、1羽のアメリカ緋鳥(ヒドリ)のオスが、緋鳥鴨(ヒドリ...

続きを読む

生田緑地の啄木鳥(キツツキ)たち

今日は冬らしい風の冷たい乾いた晴天の一日でした。どこかへぶらぶら行きたかったのですが、年末の恒例行事である大掃除に励みました。ということで、昨日、生田緑地で撮った鳥たちの写真をアップしました。小啄木鳥(コゲラ)、青啄木鳥(アオゲラ)、赤啄木鳥(アカゲラ)と、3種類の啄木鳥(キツツキ)に出会うことができました。青啄木鳥(アオゲラ)は、お弁当を食べている時、近くの木に飛んできて、窪みに溜まった水を飲ん...

続きを読む

6羽の百合鷗(ユリカモメ)

昨夜の強風が雨雲を吹き飛ばしてくれたのか、今日は、朝からよく晴れて、暖かい一日でした。午前中、いつもどおりぶらぶら多摩川へ行きました。いつもの堰堤(エンテイ)の手すりに6羽の百合鷗(ユリカモメ)が並んでとまっていました。よく見ると、それぞれクチバシや足の色が違います。(クチバシや足の色は、成長とともに徐々に鮮やかな赤色になるそうです。)風が強かったので、百合鷗(ユリカモメ)のほか、小鷺(コサギ)や...

続きを読む

多摩川の身近な鳥たち

遅ればせながら、日曜日の午前中に多摩川で撮った写真をアップしました。軽鴨(カルガモ)、百合鷗(ユリカモメ)、四十雀(シジュウカラ)、背黒鶺鴒(セグロセキレイ)、翡翠(カワセミ)など、最近よく会う身近な鳥たちの写真です。背黒鶺鴒(セグロセキレイ)は、動きが少しぎこちないと思ったら、片足でした。一生懸命に食べ物を探していました。頑張れ!!田雲雀(タヒバリ)は、白鶺鴒(ハクセキレイ)と一緒に行動していま...

続きを読む

多摩のアイドル西尾白鶲(ニシオジロビタキ)

今日は、穏やかに晴れて暖かい一日となりました。午前中、多摩川にぶらぶら行きました。(そのときの写真は後日アップします。)午後からは、お昼ご飯を食べがてら、野川公園やその近くの公園に行ってきました。お目当ては、1ケ月くらい前から多くのバーダーを集めている西尾白鶲(ニシオジロビタキ)です。図鑑によると、西尾白鶲(ニシオジロビタキ)は、アフリカやヨーロッパに多くいて、日本では珍しい鳥のようです。時間が経...

続きを読む

宮ヶ瀬湖の紅猿子(ベニマシコ)

今日は真冬のように寒い一日でした。頑張って早起きして、宮ヶ瀬湖の林道に行ってきました。こんなに寒い日には、誰もいないだろうと思っていましたが、予想に反して、林道には(夏よりも)多くの人がバードウォッチングに来ていました。お目当ては、紅猿子(ベニマシコ)のようでした。猿みたいに顔が赤いのが名前の由来のようです。幸運にも2ヶ所で紅猿子(ベニマシコ)の群れに出会うことができました。その他、初めて見た茅潜...

続きを読む

大きく平たいくちばしの嘴広鴨(ハシビロガモ)

先週の日曜日に、冬晴れの多摩川で出会った(鴨(カモ)を中心とした)鳥の写真をアップしました。嘴広鴨(ハシビロガモ)は、名前のとおり、大きく平たいくちばしを持っていて、水面のプランクトンなどを漉(こ)しとりながら食べます。このくちばしのせいか何となくひょうきんな顔をしています。尾長鴨(オナガガモ)のメスは、オスと比べると地味ですが、よく見ると、背中やお腹の羽の模様が幾何学的で素敵です。鳰(カイツブリ...

続きを読む

真っ青な空と多摩川

今日は、昨日に続いて冬晴れの寒い一日でした。先週に続き、朝からぶらぶら多摩川へ行きました。河原からは、真っ白な富士山が朝日を浴びて綺麗に見えました。今日は、風が強かったためか、あまり鳥に出会いませんでした。1ケ月ぐらい前から見かけるようになった百合鷗(ユリカモメ)は、すっかり環境に慣れて、すぐ近くの手すりにとまってまったりしていました。また、いつも目立つところにとまっている百舌鳥(モズ)のオスが、...

続きを読む

2年ぶりに出会った鷽(ウソ)@高尾山

今日は、北風が強く吹く冬らしい快晴の一日でした。久しぶりの高尾山に冬鳥を探しに行ってきました。もしかしたらいるかなぁと思っていた鷽(ウソ)に2年ぶりに出会うことができました。鷽(ウソ)はメスばかりの3羽の群れで、桜の花芽を啄(ついば)んでいました。その他、日雀(ヒガラ)、瑠璃鶲(ルリビタキ)、花鶏(アトリ)、黒鵐(クロジ)、鷦鷯(ミソサザイ)などに出会うことができました。瑠璃鶲(ルリビタキ)は、数...

続きを読む

午後の多摩川をぶらぶら

この前の土曜日、多摩自然歩道を歩いた後、多摩川沿いをぶらぶら帰ってきました。その時に多摩川で出会った鳥をアップしました。まず、多摩川に出て、すぐに青空を舞う隼(ハヤブサ)を見つけました。その後、しばらくすると上空で大鷹(オオタカ)が、烏(カラス)軍団に執拗に追われていました。烏(カラス)との戦いが厳しいのか、大鷹(オオタカ)の羽は、大分傷んでいるように見えました。その後、立ち寄った堰堤(エンテイ)...

続きを読む

多摩川の猛禽類たち

今日も晴れて、昨日よりもさらに暖かい一日となりました。朝、ぶらぶら多摩川に行きました。近くの鉄塔に隼(ハヤブサ)がいたり、対岸の柳の木の中に大鷹(オオタカ)の成鳥がいたり、魚を探しながら上空を鶚(ミサゴ)が飛んでいたり、多くの猛禽類に出会うことができました。さらに、対岸の葭原の上を見慣れない猛禽類が滑空していたので、図鑑で調べてみると、腰が白いことから沢鵟(チュウヒ)のようです。(初めて沢鵟(チュ...

続きを読む

多摩自然遊歩道をぶらぶら

今日は、よく晴れて、暖かい一日となりました。電車で京王稲田堤駅へ行き、そこから小田急線のよみうりランド駅まで、多摩自然遊歩道をぶらぶら歩きました。その後、小田急線で登戸駅まで行き、そこから家まで多摩川沿いをぶらぶら帰ってきました。(多摩川で出会った鳥は、後日アップします。)青く澄んだ空と、赤や黄色に色づく木々がとても綺麗でした。高台からは、新宿の高層ビル群やスカイツリーが見えました。途中、一般解放...

続きを読む

プロフィール

多摩で鳥見

Author:多摩で鳥見

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問者数

検索フォーム

リンク